仕事のモチベーションを上げるには、組織を小さくする

2019.01.22
Share this...
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter

あなたの会社ではこんな現象はありませんか?

  • 本社より支店の社員の方がイキイキしている
  • 社長は元気だけど、それに比べて社員が元気ない

 

この2つは多くの会社に当てはまる現象だと感じます。

なぜだと思いますか?

 

今回のブログは、組織を小さくすることにより、社員の主体性を高める方法について述べてまいります。

 

本社より支店の社員の方がイキイキしている理由

本社より支店の方が活気ある理由は色々ありますが、一言で言うと本社には軽やかさがない。
何だかピリピリしている。

・社長や役員の機嫌に気を遣っている人がいる
・人が沢山いるので人間関係がややこしくなっている
・無関心な人同士がいる

本社は仕事が細分化され過ぎて、仕事自体が面白くないという場合もあります。

結果として仕事のモチベーションが上がりづらい。

 

一方で支店に行くと、気を遣う頻度が少なく伸び伸びしている。
人数が少なくお互いを良く知っているので雰囲気が和みやすい。

加えて支店の仕事は色々な役割を求められるので、仕事が面白い傾向があります。

例えば本社の営業の社員は、営業の仕事に特化しています。
一方、支店の営業は商品企画や営業企画機能を兼ねていたりします。

支店には総務、人事、法務など間接部門がないので、本社よりも広い範囲を自分で判断して動くことも求められます。

 

 

社員が社長ほど元気ではない理由

もう1つの現象「社員が社長ほど元気でない」のはなぜでしょうか?

中小企業の社長の多くは創業者なので、そもそもエネルギーが高い。
仕事が好き♡

しかしそれ以上に社長が元気な理由があります。

 

それは、“社長の仕事は面白い!!”

 

社長ならば、
・自分の頑張りが会社の業績にダイレクトにつながる
・会社全体の動きを統括しているので、商売の醍醐味を日々感じられる
・上司がいないので何でも思った通りできる。
・上司への報告も必要なし

しかし社員はそうはいきません。
業務が細分化され、商売の全体像を感じにくい。
組織におけるホウレンソウ、色々な気遣いも沢山しなければなりません。

社長が面白いだけでなく、社員の仕事ももっと面白くできないでしょうか?

 

仕事がつまらなくなり、モチベーションが上がらないのはなぜ?

なぜ社員の仕事はつまらなくなってしまったのか・・
その理由を大胆に推察してみます。

フォードの大量生産方式が生み出されたのは約100年前です。
そこから今に至るまで、企業は効率を求め、仕事を分業化。
分業化して誰でもできる仕事を増やしてきました。

大量生産に向く組織、大量生産に向く仕事の仕方を作ってきたと思います。

しかしそのやり方は、見方を変えると「仕事をつまらなくする化」です。
効率化は「仕事をつまらなくする化」の歴史だったとも言えるのではないでしょうか。

「木を見て森を見ず」
現代は森が見えない仕事をしている人が非常に多いと思います。
専門性が高いという言い方もできますが、森を見ずして発揮する専門性は”専門バカ”になりがちです。

分業化で「創る、作る、買う、売る、儲ける」という商売の醍醐味、商売の全体像がどんどん見えなくなったから、仕事が面白くなくなってしまった。

 

幸いなことに、今の時代はつまらない仕事や単純作業の多くを機械やソフトウェアに担ってもらうことができます。

だからこそ、もう一度商売の醍醐味が感じられるよう、社員の仕事をもっと面白く、もっとダイナミックに再設計できるはずです。

 

 

組織を小さくして、社員のモチベーションを上げている事例

小さな組織の方が社員のモチベーションが上がりやすい事例を挙げます。 

ある上場企業は、事業部制をとらず会社を分ける方針をとっています。

・会社を分ければ、事業部長は社長になるので、より責任意識が芽生える
・損益計算書、貸借対照表という事業の成績書も超明確
・人事制度など各種制度は、その事業に適した形に柔軟に対応可能
・社員数が絞り込まれ、意思決定のスピードが上がる

結果として社員の当事者感覚が増します。
多少なりとも会社の株式を持たせれば、もっと自分の会社感が出るでしょう。

会社を分けることで余計な間接コストが発生しますが、この会社では経営者人材がどんどん育っています。

コストを上回る人材育成効果、能力発揮効果があるのではないでしょうか。

 

 

昨年あるお客様(サービス業)で、大型店舗に在籍していた人材を、新規出店した小型店舗責任者に抜擢しました。

大型店在籍時は特に評価の高い社員ではありませんでしたが、異動後はメキメキ力を発揮。
次から次へとアイディアを出し、新店の早期黒字化に貢献しました。

大型店在籍時は強い上司がいたので「意見は色々あったけど遠慮していた」そうです。

異動後は責任者として自分の思ったことをどんどん実行でき、それが売上という結果に跳ね返ってきます。
商売の全体が見えるようになり、社員3名+パート数名のチームワークも良く、仕事が一気に面白くなったと仰っていました。

 

大きな営業部を小組織に分割して競わせるのも手です。

 

製造工程を機能別に分け、それぞれに売上・利益を持たせたり、
小集団に割ってそれぞれ改善活動などを進めるのも、小さい組織のメリットを活かした方法です。

 

社員のモチベーションを上げるため、組織を小さくしてみませんか

社員がイキイキ働く要因を単純化すると、この2つだと思います。

  • 仕事に主体的に取り組んでいるか
  • 人間関係は良好か

 

これを実現するためには、

  • 大きな組織に埋没している社員をなくす
  • 小さな組織で一人一人の役割・責任を明確にして、当事者感を感じられる組織にする
  • 埋もれている人材は小さい組織の長に異動させる
  • 数字で組織の活動を見える化する
  • 自分の仕事が売上・利益にどうつながっているか、商売の全体像を感じさせる

 

あなたの会社の社員のモチベーションを上げるためには、どのような方法が考えられそうですか?

小さな組織の力をいかに活用できるか、是非考えてみてください。

 

Share this...
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter

筆者紹介

竹居淳一
株式会社SUSUME 代表取締役

竹居淳一

中小ベンチャー企業が「人と組織の力を最大化して持続的に発展」できるよう、人材育成・組織開発のコンサルティング、トレーニング、人材育成プログラムなどを提供しています。

筆者プロフィール詳細