チームの結果を出すには、先ず関係性の改善から

2020.09.03
Share this...
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter

組織の成功循環モデルとは?

MIT(マサチューセッツ工科大学)組織学習センターの創始者であるダニエル・キム先生が提唱した「組織の成功循環モデル」というものがあります。

上図の意味するところは、「結果の質」を高めるには、まず「関係の質」を高め、それが「思考の質」の向上につながり、さらに「行動の質」が高まり、最終的に結果につながるという組織改善のステップです。

いい結果が出れば、さらに「関係の質」が高まり、どんどん好循環サイクルに入っていきます。

 

逆に悪いパターンは、結果が出ないとき「行動の質」にばかり焦点をあてます。

行動するようプレッシャーをガンガンかけたとしても、手前の「関係の質」や「思考の質」が低ければ、「行動の質」は上がらず結果も出ません。

結果が悪いと、さらに組織の雰囲気(≒関係の質)が悪化するという悪循環サイクルです。

 

この理論を初めて聞く方は「特に目新しさはないけど、言われてみれば確かにそうだよなあ・・」と、腑に落ちる感があるのではないでしょうか。

同時に、いざあなたの職場を振り返ると、好循環サイクルは回っていますか?

幾つか問題点も見えてくるのではないかと思います。

 

「関係の質」を疎かにすると結果が出ない

多くの職場が好循環サイクルを築けず、悪循環に入ってしまうのはなぜでしょうか?

先の図に補助線を一本引くと、わかることがあります。

赤点線の右上半分(1と2)は形のないもので、目に見えません。
左下半分(3と4)は人の動きや結果数値として、見ることができます。

1と2が大事であることは誰も否定しません。
しかし1と2は目に見えないので対策が後回しになりがちです。

 

一方で3と4はよく見えるので、すぐに対策を考えます。

特に「行動の質」は即効性ある打ち手に見えるので改善の対象になりやすいですが、即効性は短命と同義。
1と2に弱点があるとしたら、すぐに息切れします。

例えば週明けの営業会議で「行動が足りない!もっと本気で達成する気持ちをもって商談を増やそう!」と部長が鼓舞します。

その日の午後くらいは少し士気が上がり頑張るものの、翌日火曜以降は元に戻ってしまう組織。

しかもそれを毎週繰り返す組織のイメージです。 

 

強いチームを作るなら、急がば回れ!

一見遠いようですが、強いチームを作るためには、「関係の質」に立ち戻って改善していかなくてはなりません。

「関係の質」が高まれば、苦しい結果が出ない状況下であっても、皆で知恵を絞って何とかしよう!という気持ちが生まれ、「思考の質」も上がっていくはずです。

 

ここで1つ考えてみてください。

「関係の質」は”見えない部分”であると先ほど書きましたが、本当に見えないでしょうか?

実は見ようと思えば見える方法があることにお気づきの方も多いと思います。

 

例えばこういったことです。

  • 職場における会話の頻度、笑い声
  • 社員の笑顔の回数、朝の挨拶の声/表情
  • 昼休みの過ごし方
  • 会議での発言の数、発言者の顔ぶれ
  • 上司の発言に対する意見や質問の出方
  • 議論の深まり度合い
  • お互いの知恵や情報共有の頻度
  • 自発的な作戦相談

 

それぞれ観察してみると、かなりのことが見えてくる筈です。
ぜひあなたの職場でも注意深く観察してみてください。

 

これらの状態や頻度に問題があるとしたら、そのチームは「関係の質」がいい状態とは言えません。

その時は、焦って「行動の質」の改善に注力することなく、まず「関係の質」に目を向けて着実にチームを進化させていく必要があります。 

 

以上、「チームの結果を出すには、先ず関係性の改善から」でした。

 

Share this...
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter

筆者紹介

竹居淳一
株式会社SUSUME 代表取締役

竹居淳一

中小ベンチャー企業が「人と組織の力を最大化して持続的に発展」できるよう、人材育成・組織開発のコンサルティング、トレーニング、人材育成プログラムなどを提供しています。

筆者プロフィール詳細